自宅で精液検査

自宅で精液検査

アメリカでは数年前から当たり前?!?!

文:Bさん、Coel運営チーム

掲載日:2017年3月29日

昨年は日本の「自宅で精液検査」元年だったと言っても良いでしょう。 TENGAリクルートの2社がそれぞれスマートフォン用精子観察キットを発売。自宅で手軽に精液検査ができるようになりました。恵比寿つじクリニックの辻先生からコメントされている通り、これらのキットはあくまで簡易的なもので、病院での精液検査ほどの正確性・網羅性はありませんが、独身の方や妊活を始めようという方にとっての検査のハードルを低くしてくれました。

こうしたキットは実はアメリカでは数年前から発売されていました。最も主要な商品の一つが、SpermCheck Fertility(公式HP)。日本の観察キットとは異なり、スマホがなくても検査ができ、女性用の排卵検査薬・妊娠検査薬のような仕組みで結果を教えてくれます。 今回、アメリカに住む30代の独身日本人男性、Bさんが商品を試してみました。今後、男性へのアメリカ土産は精液検査キット、なんて時代は訪れるでしょうか???

■男性不妊、もしかして自分も・・・?

ここ最近、直接の知り合いではないのだが、不妊検査を受けて思ってもみなかった結果が出たという男性の話を聞いた。 私は独身という事もあり、最初は自分にはあまり関係のない話だと思って聞き流していたのだが、その2週間くらい後にまた違う伝手からも同じような話を聞き、どこか心に引っかかるものがあった。

アラフォーと呼ばれる年齢まで独身で来たものの、いつかは結婚もしたいし、子供も欲しいと思っている。 考えてみれば不妊の話になるとすぐに女性側に問題があるのでは、という風潮があるが、意外にも男性側が原因となる不妊もかなりあるという話を聞き、不謹慎ではあるが強い好奇心を抱かざるを得なかった。自分はどうなのだろうか?と。

■興味本位で検査キットを購入してみる。

SpermCheck Fertility

現在、アメリカに長期滞在をしており、こちらのアマゾンで男性用の不妊検査キットを簡単に購入できると知ったのだが、いざ購入するとなると若干の躊躇もあった。興味本位で余計な事を知ってしまい、悩みを増やしても仕方ないのではないか。自分は独身だし、今のところは結婚の予定もない。

ある夜、酒に酔った勢いで注文してしまったのが偽らざる話だ。価格は39.99ドル。日本円にして4500円程度。

SpermCheck Fertility パッケージ

なぜこのキットにしたのかというと、知っている単語(”Sperm”と”Check”)を入力したときに最初に出てきた商品だからだ。もっとも、他に類似の商品もなく、またレビューもそこそこ良かった(2017年3月11日時点で、Amazon.comにてレビューが193件、そのうち70%の方が4つ星以上の評価を付与)ため、あまり躊躇わずに購入できた。

■検査はとにかく簡単。

使い方は至って簡単で、自分の精液を付属のカップの中に入れて20分待ち、それをスポイトで吸い上げてから、紫のキャップの試験官の中に入れて試薬と混ぜるだけ。最後に試験管のキャップを開けて検査キットの上に数摘垂らして数分待つと、結果が出る。 より細かい説明は英文の説明書を読み込めば分かることなのだが、正直、自分は億劫でそんなところまでは読まなかった。ただ、検査方法をざっと読んだだけだ。

SpermCheck Fertility内容

結果についてはあまりに個人的なことなのでここでは伏せさせて頂くが、パッケージ写真の右下にあるように、正常であれば2本線、何らかの問題があれば1本線のみが現れるという仕組みだ。

後日談だが、どうやらこのテストでの正確性は98%程度であり、「絶対に」という結果ではないらしい。

不妊に悩む方々が多い中で、このような興味本位、半分遊び感覚で検査を行いそのことを文章にするのは少し気が引けるところもある。一方で、最近は日本でも同様のキットが発売されたという話も聞き、今までの自分を含めて誰もが思っているよりも簡単に検査できることをお伝えできる機会であるとも考えた次第である。独身の私がクリニックまで足を運んで精液検査をする、というのは精神的にも金銭的にもなかなかハードルの高いことだが、アマゾンの様な通信販売で注文し、誰にも会わずに、そして誰にも知られずに検査ができ、結果もすぐに分かる、というのは手軽だった。

検査を受ける、受けないはあくまで個人や夫婦間の問題であり、第三者がこうすべきというのはおかしな話だと思うが、少しでも気になる、検査をしてみたいけどよく分からないという方々へ、本レポートが少しでも手助けになれば幸いである。

Coel運営チームより

SpermCheck Fertilityは、Amazon.com以外に公式HPを通じて、実店舗では大手ドラッグストア等で販売されています。公式HPによると、精液中の精子量が2000万個/ml以上あると2本線、それ未満だと1本線が表示され、病院での検査を推奨するとのことです。スマホも不要という簡便さが魅力の検査キットですね。 尚、妊娠には精子の数よりも運動率が大事ですので、こうした検査の結果はあくまでも1つの参考材料として活用してください。

トップへ戻る