妊活仲間募集中!(不妊患者仲間マッチングサービスを開始)

本日、妊活仲間マッチングサービス「コエル・コミュニティ」をCoelのサイト上でオープンしました。

このサービスでは、妊活・不妊治療を行う方が、通院先の病院名や居住地、年齢、治療内容などの情報を基に「妊活仲間」を検索し、友だちになることができます。

プレスリリース:日本初!同じ病院に通う妊活仲間を見つけるマッチング・サービスを開始。

リーフレット:不妊治療で苦しんでいるのはあなただけじゃない。あなたと妊活仲間をつなぐ日本初のマッチングサービスがオープン

 

これまで、セントマザー産婦人科医院様にご協力頂き、患者様にご紹介させて頂き試験的な運用を行っておりました。

数十名の方にご登録頂き、幾つもの友達関係が構築されて2か月に渡りやり取りが続いております。

治療や待ち時間の愚痴、先生の評判、新しい治療法に関する情報交換、医療費控除のやり方など様々な話題で皆さん盛り上がっています。

 

コエル・コミュニティは私自身の、不妊患者としての「欲しい!」を実現したサービスです。

3年前、私はフランスに住みながらロンドンのクリニックで不妊治療を行っていました。

一部の治療はフランスで行うことができたので、ロンドンへの通院回数はそこまで多くありませんでした。

よって、病院でも顔見知りのスタッフや患者さんができることはありませんでした。

そもそも周りは当然ながら外国人だらけ。

パートナーの男性や、子どもと一緒に通院している方がたくさんいらっしゃいました。

病院の待合室は比較的打ち解けた雰囲気ではありましたが、誰かと話すわけではなく、雑誌を読んで時間をつぶすだけ。。。苦しい待ち時間でした。

 

しかし、私にそのロンドンのクリニックを紹介してくれた友達は、体外受精のために毎日のように病院に通っていたら顔見知りの患者さんが出来て、お茶に行って情報交換したというのです!

これはイギリスのカルチャーなのか?とびっくり。

でも確かに同じような人と何度も会っているはずだし、同じ悩みを抱えている人も多いはず。

本当はとても良い話し相手になれるであろう「待合室の隣の人」と繋がるにはどうしたらよいんだろう・・・

そして、インターネット上で治療プロフィールに基づき仲間を検索する本サービスを思いついたのです。

 

日本の病院の待合室は、ロンドンとは比べ物にならないぐらいしーんとしています。

悲壮感すら漂っていて、とても隣の人に話しかけられるわけがない。

でも、隣の人は、本当はあなたと話したいと思っている人かもしれないのです。

ぜひ仲間を作って治療の楽しみを増やしていただけたらと思います。男性も、まだ通院先を決めていない人も、ぜひご参加ください!

関連記事
カテゴリー: 不妊関連商品・サービス, 業界ニュース タグ: , , , パーマリンク