病院の情報が足りない!

先週末、不妊カウンセリング学会の不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座が開催されました。

私は昨年からこの学会に所属しており、年に2回開催されている養成講座に参加するのは今回で3回目。

やっと不妊カウンセラーの認定試験を受験する資格が得られました。(といっても試験は年明けのようですが。)

 

今回の養成講座の中では、アメリカのCDC(Center for Disease Control and Prevention:疫病予防センター)が行っている国内での不妊治療に関する情報開示について説明がありました。

前々から何度かサイトを眺めていたのですが、改めて日本との情報量の差に驚きました。

全米463件の登録施設における体外・顕微受精件数や出生者数などのマクロデータはもちろんのこと、個別の病院名を出してそれぞれにおける体外・顕微授精件数や患者さんの平均年齢、妊娠率まで公開しているのです。

例えば、NYにあるコーネル大学附属病院の2015年の実績は以下の通り。

(出所:CDCホームページ

この病院では、2015年に5,031周期の治療が行われ、1,233人の赤ちゃんが生まれています。

アメリカ全体では231,936周期、60,778人の赤ちゃんが生まれており(ちなみに、日本は同年のデータで、249,411周期、10,105人。)当院は治療周期・出生数共に全体の2%を占める全米屈指の不妊治療クリニックと言えるでしょう。

上の表にはノンドナー(つまり配偶者間)の体外・顕微授精に関する臨床データが年齢別にずらりと並んでいます。

日本では年々凍結胚移植が主流となってきていますが、アメリカではまだまだ新鮮胚移植の比率が高く、この病院でも全ての年齢レンジにおいて新鮮胚移植をメインとする体外・顕微授精が行われています。

新鮮胚移植の移植当たり妊娠率は、34歳以下で44.2%、35-37歳で39.2%、38-40歳で24.7%、41-42歳で16.5%、43-44歳で6.7%、45歳以上で1.6%。

但し、一度の移植において原則1個の胚しか戻すことのできない日本と異なり、アメリカでは2個、3個の胚の移植が一般的に行われていますので、移植当たりの妊娠率も高くなる傾向にあります。

この病院でも40代は一度に平均2個以上の胚を移植しています。

上の表の下にはドナー(非配偶者間)の体外・顕微授精に関する臨床データが続きます。

 

国(学会)が各クリニックからデータを集約するところまでは日本も同じなのですが、そのデータをどこまで公開するかという点でアメリカとは大きな違いがあります。

アメリカ同様、イギリスでもクリニック毎のデータが開示されています。

これは患者さんにとって大きなメリットですが、一方で妊娠率を上げるために複数胚移植の比率が増えたり、難治性疾患を持つ患者さんが受け入れてもらえなかったり、といったことが起きている可能性もあります。

日本では、国や学会による情報提供が限定的であるため、患者さんがインターネット上の様々な情報に翻弄されてしまう部分がありますよね。

患者の知る権利がもっと尊重されていかなければなりませんし、各クリニックにももっと緊張感を持って情報開示を行って頂きたいものです。

コエルでは個別の病院の妊娠率のデータもこれから比較しやすい形で公開していきたいと考えていますが、そもそもすべての病院がデータを公開しているわけではないというのが残念なところです。

関連記事
カテゴリー: 業界ニュース タグ: , パーマリンク