体外受精で成功報酬制度を採用している病院

不妊治療の中で、人工授精・体外受精は自由診療なので料金体系は何でもありです。

病院によって自由に設定されていますが、最近は「成功報酬制度」を採用する病院が増えてきているようです。

成功報酬、つまり、妊娠したら対価をお支払いします、という制度。

いつまで続くかわからない不妊治療、医師にとっては妊娠しないほうが儲かって良いのでは?と疑心暗鬼になってしまうこともある中、「結果がすべて」というコンセプトは多くの患者さんの共感を得られるのではないかと思います。

正確には、妊娠しなくても投薬代など一部の費用は支払わなくてはならないのですが、比較的若く明確な不妊要因のない人にとっては、金銭的に大きなメリットが得られる可能性が高い制度です。

成功報酬制度を採用する不妊治療クリニック

1. 六本木レディースクリニック

年齢制限:39歳以下
対象となる周期:当院で体外受精1周期目
対象となる卵巣刺激法:低刺激周期
移植方法:基本的に新鮮胚移植
余剰胚:胚盤胞培養
採卵時麻酔:21,600円
特殊費用:顕微授精技術料、胚盤胞培養費用、超音波検査代を含む

1周期目の費用
妊娠したら51-58万円(+薬代)、妊娠しなかったら2.7-23万円(+薬代)

採卵が成功し、胚移植までできた場合

  • 採卵〇→受精・培養〇→新鮮胚移植〇→妊娠〇:510,920円+薬代
  • 採卵〇→受精・培養〇→新鮮胚移植〇→妊娠× :160,920円+薬代
  • 採卵〇→受精・培養・凍結〇→融解胚移植〇→妊娠〇:581,120円+薬代
  • 採卵〇→受精・培養・凍結〇→融解胚移植〇→妊娠× :231,120円+薬代

採卵したが、その後のプロセスで胚移植に至らなかった場合

  • 採卵〇→受精×:65,880円+薬代
  • 採卵〇→受精〇→培養・凍結×:119,880円+薬代

採卵を試みたができなかった場合

  • 採卵×:27,000円+薬代

1周期目に新鮮胚移植で妊娠せず、2周期目に凍結余剰胚を融解胚移植した場合の(合計)費用
妊娠したら63万円(+薬代)、しなかったら28万円(+薬代)。

詳細は六本木レディースクリニックHPでご確認ください。

 

2. 加藤レディスクリニック

年齢制限:35歳以下
対象となる周期:当院で体外受精1周期目
対象となる卵巣刺激法:完全自然周期
採卵時麻酔:不要(独自に開発した細い採卵針を使用)
特殊費用:顕微授精技術料、胚盤胞培養費用、超音波検査代、一部ホルモン検査代を含む

完全自然周期のため、別途計上される薬代は低刺激周期を採用するクリニックよりも低くなることが想定されます。

1周期目の費用
妊娠したら56-62万円(+薬代)、妊娠しなかったら2.7-23万円(+薬代)

採卵が成功し、胚移植までできた場合

  • 採卵〇→受精・培養〇→新鮮胚移植〇→妊娠〇:558,400円+薬代
  • 採卵〇→受精・培養〇→新鮮胚移植〇→妊娠× :169,600円+薬代
  • 採卵〇→受精・培養・凍結〇→融解胚移植〇→妊娠〇:623,200円+薬代
  • 採卵〇→受精・培養・凍結〇→融解胚移植〇→妊娠× :234,400円+薬代

採卵したが、その後のプロセスで胚移植に至らなかった場合

  • 採卵〇→受精・培養×:67,000円+薬代
  • 採卵〇→受精・培養・凍結×:67,000円+薬代

採卵を試みたができなかった場合

  • 採卵×:27,000円+薬代

1周期目で余剰胚が凍結できた場合の2周期目までの代金
通常料金を適用

詳細は加藤レディスクリニックHPにてご確認ください。

 

3. 秋葉原ART Clinic

全ての方に、採卵、受精、胚盤胞培養、胚移植、妊娠判定の各治療段階で成功報酬を適用しています

年齢制限:なし
採卵が成功した場合に消耗品費用43,200円を支払(下記費用に計上済み)。
特殊費用:診察費、超音波・ホルモン検査、薬代等は別途支払。
採卵時麻酔:不要(細い採卵針を使用)
顕微授精は1個32,400円、1個追加につき21,600円加算。
胚盤胞培養は基本料金32,400円+1個あたり32,400円。

上記の通り、顕微授精・胚盤胞培養の費用が別途加算されるため、総額費用は他院と比べてやや高くなります。

1周期あたりの費用
妊娠したら50-53万円(+薬代、診察代、検査代)、妊娠しなかったら3.2-43万円前後(+薬代、診察代、検査代)。顕微授精・胚盤胞培養の場合、9.7万円加算(受精卵1個の場合)。

採卵が成功し、胚移植までできた場合

<自然周期>

  • 採卵1個〇→受精・培養〇→新鮮(初期)胚移植〇→妊娠〇:502,200円+薬代、診察代、検査代
  • 採卵1個〇→受精・培養〇→新鮮(初期)胚移植〇→妊娠× :307,800円+薬代、診察代、検査代

<低刺激周期>

  • 採卵2個〇→受精・培養1個〇→新鮮胚移植〇→妊娠〇:534,600円+薬代、診察代、検査代
  • 採卵2個〇→受精・培養1個〇→新鮮胚移植〇→妊娠× :340,200円+薬代、診察代、検査代
  • 採卵2個〇→受精・培養・凍結1個〇→融解胚移植〇→妊娠〇:621,000円+薬代、診察代、検査代
  • 採卵2個〇→受精・培養・凍結1個〇→融解胚移植〇→妊娠× :426,600円+薬代、診察代、検査代

採卵したが、その後のプロセスで胚移植に至らなかった場合

<自然周期>

  • 採卵1個〇→受精・培養×:102,600円+薬代、診察代、検査代
  • 採卵1個〇→受精・培養・凍結×:102,600円+薬代、診察代、検査代

<低刺激周期>

  • 採卵2個〇→受精・培養×:135,000円+薬代、診察代、検査代
  • 採卵2個〇→受精・培養・凍結×:135,000円+薬代、診察代、検査代

採卵を試みたができなかった場合

  • 採卵×:32,400円+薬代、診察代、検査代

詳細は秋葉原ART Clinic HPにてご確認ください。

このほか、加藤レディスクリニック、秋葉原ART Clinicが所属する永遠幸グループのうち以下の病院では、成功報酬制度を採用しています。


4. はなおかIVFクリニック品川

対象:全ての方
対象となる排卵誘発方法:全て
採卵時麻酔:下記に含む。
特殊費用:診察費、超音波・ホルモン検査、薬代等は別途支払。
顕微授精は54,000円加算。
胚盤胞培養は21,600円加算。
胚凍結は3個まで54,000円、1個追加につき16,200円加算。
胚融解は21,600円。

全ての刺激法に適用され、何個採卵できても追加料金がかからないのがうれしい特徴です。

一方で、顕微授精・胚盤胞培養の費用が別途加算されるため、総額費用は他院と比べてやや高くなります。また、高刺激法を選択した場合は薬代も高額となります。

1周期あたりの費用
妊娠したら55-63万円(+薬代、診察代、検査代)、妊娠しなかったら2.7-36万円前後(+薬代、診察代、検査代)。顕微授精・胚盤胞培養の場合、7.6万円加算。

採卵が成功し、胚移植までできた場合

  • 採卵〇→受精・培養〇→新鮮(初期)胚移植〇→妊娠〇:550,800円+薬代、診察代、検査代
  • 採卵〇→受精・培養〇→新鮮(初期)胚移植〇→妊娠× :280,800円+薬代、診察代、検査代
  • 採卵〇→受精・培養・凍結3個まで〇→融解胚移植〇→妊娠〇:626,400円+薬代、診察代、検査代
  • 採卵〇→受精・培養・凍結3個まで〇→融解胚移植〇→妊娠× :356,400円+薬代、診察代、検査代

採卵したが、その後のプロセスで胚移植に至らなかった場合

  • 採卵〇→受精・培養×:108,000円+薬代、診察代、検査代
  • 採卵〇→受精・培養・凍結×:108,000円+薬代、診察代、検査代

採卵を試みたができなかった場合

  • 採卵×:27,000円+薬代、診察代、検査代

詳細ははなおかIVFクリニック品川HPでご確認ください。

 

5. あいだ希望クリニック

全ての方に成功報酬制を適用しています

治療費は、基本料金+特殊治療費用+成功報酬。
年齢制限:なし
対象となる卵巣刺激法:自然周期
採卵時麻酔:不要
特殊費用:診察費、超音波・ホルモン検査、薬代等は別途支払。
顕微授精は37,800円加算。
胚盤胞培養は64,800円加算(準備代32,400円+成功代32,400円)。
胚融解は21,600円。

1周期あたりの費用
妊娠したら49万円(+薬代、診察代、検査代)、妊娠しなかったら0.8-22万円前後(+薬代、診察代、検査代)。顕微授精・胚盤胞培養の場合、10.3万円加算。

顕微授精・胚盤胞培養の費用が別途加算されますが、自然周期での卵巣刺激を行うため、薬代は最低限に抑えられます。

採卵が成功し、胚移植までできた場合

  • 採卵〇→受精・培養〇→新鮮(初期)胚移植〇→妊娠〇:486,800円+薬代、診察代、検査代
  • 採卵〇→受精・培養〇→新鮮(初期)胚移植〇→妊娠× :216,000円+薬代、診察代、検査代
  • 採卵〇→受精・培養・凍結〇→融解胚移植〇→妊娠〇:486,800円+薬代、診察代、検査代
  • 採卵〇→受精・培養・凍結〇→融解胚移植〇→妊娠× :216,000円+薬代、診察代、検査代

採卵したが、その後のプロセスで胚移植に至らなかった場合

  • 採卵〇→受精・培養×:129,600円+薬代、診察代、検査代
  • 採卵〇→受精・培養・凍結×:129,600円+薬代、診察代、検査代

採卵を試みたができなかった場合

  • 採卵×:7,560円+薬代、診察代、検査代

詳細はあいだ希望クリニックHPでご確認ください。

 

6. 恵愛生殖医療クリニック志木

全ての方に成功報酬制を適用しています。

治療費は、定額制+成功報酬。
年齢制限:なし
対象となる卵巣刺激法:全て
採卵時麻酔:以下に含む
特殊費用:診察費、超音波・ホルモン検査、薬代等は別途支払。胚盤胞培養料金、アシステッドハッチング料金を含む。薬代のうち、妊娠時の黄体補充代金は含む。
顕微授精は1個32,400円、2-4個54,000円、5-7個75,600円加算。
胚凍結・融解は1個86,400円、2-4個108,000円、5個以上129,600円。

1周期目の費用
妊娠したら50-70万円(+薬代、診察代、検査代)、妊娠しなかったら0.8-36万円前後(+薬代、診察代、検査代)。顕微授精の場合、3万円加算(受精卵1個の場合)。

採卵が成功し、胚移植までできた場合

<自然またはクロミフェン周期>

  • 採卵〇→受精・培養〇→新鮮胚移植〇→妊娠〇:496,800円+薬代、診察代、検査代
  • 採卵〇→受精・培養〇→新鮮胚移植〇→妊娠× :151,200円+薬代、診察代、検査代
  • 採卵〇→受精・培養・凍結1個〇→融解胚移植〇→妊娠〇:583,200円+薬代、診察代、検査代
  • 採卵〇→受精・培養・凍結1個〇→融解胚移植〇→妊娠× :237,600円+薬代、診察代、検査代

<アゴニストまたはアンタゴニスト周期>

  • 採卵〇→受精・培養〇→新鮮胚移植〇→妊娠〇:596,800円+薬代、診察代、検査代
  • 採卵〇→受精・培養〇→新鮮胚移植〇→妊娠× :251,200円+薬代、診察代、検査代
  • 採卵〇→受精・培養・凍結2個〇→融解胚移植1個〇→妊娠〇:704,800円+薬代、診察代、検査代
  • 採卵〇→受精・培養・凍結2個〇→融解胚移植1個〇→妊娠× :359,200円+薬代、診察代、検査代

採卵したが、その後のプロセスで胚移植に至らなかった場合

<自然またはクロミフェン周期>

  • 採卵〇→受精・培養×:64,800円+薬代、診察代、検査代
  • 採卵〇→受精・培養・凍結×:64,800円+薬代、診察代、検査代
    採卵時の診察検査代は32,400円、凍結胚移植周期の診察検査代は21,600円が計上される。

採卵を試みたができなかった場合

  • 採卵×:0円+薬代、診察代、検査代
    診察検査代は32,400円。アゴニスト法またはアンタゴニスト法の場合、注射代が100,000円計上される。

 

1周期目で余剰胚が凍結できた場合の2周期目以降の代金

心拍確認時の成功報酬が324,000円から108,000円へと216,000円減額される。
よって、移植周期の支払いは妊娠したら27万円、妊娠しなかったら14万円。

 

詳細は恵愛生殖医療クリニック志木HPでご確認ください。

 

まとめ

成功報酬制度の多くは、採卵・移植時に一定の基本料金を支払ったのち、心拍確認ができた際にまとまった費用を支払うようになっています。

妊娠が確認できてハッピーな気分の時であれば、30万円の支払いもほんの少し軽く思えてしまうかもしれません。

病院によっては一度にたくさん採卵できて余剰胚を凍結した場合に、その移植時にも成功報酬制度が適用されていたり、2回目の採卵・移植時には費用が減額されたり、と様々な工夫がなされています。

ただし、成功報酬制度に限らない話ですが、どの病院が安いかを見比べるのは非常に困難です。

どの卵巣刺激法が合っているか、1回の採卵で何個の卵がとれ、何回の採卵・移植をするか、顕微授精が必要か、胚盤胞培養まで行うか、アシステッドハッチングを行うか・・・

治療方法とオプションには様々な種類があり、一番安い方法が自分に合っているとは限らないのです。

また、余剰胚をたくさん凍結保管すると保管費用がかかりますが、それを第2子の治療に使用できれば、採卵からやり直すよりも低コストで妊娠にたどり着けるかもしれません。

あくまでも参考情報として参照してください。

 

尚、上記代金はすべて税込です。

成功報酬制度を採用しているすべての病院の情報を当ページに記載しているわけではございませんのでご注意ください。

2017年10月28日現在、各病院の公式HPにて掲載されている情報を基に作成しており、正確な金額は病院へ直接お問い合わせください。

 

関連記事
カテゴリー: 不妊関連商品・サービス, 業界ニュース タグ: , パーマリンク