受精卵は誰のもの?~「ザ・グッド・ファイト」より~

私は子供の頃から海外ドラマを見ることが好きです。

子育てに追われる今は、料理やメイクをしながら慌ただしく見るしかありませんが、日本のドラマと比べてストーリーの展開が早いので、10分程度の細切れの視聴でも楽しめてしまうところが好きです。

 

 

今ハマっているのは「the good fight」(邦題:ザ・グッド・ファイト)というアメリカの法廷ドラマ。

2009年から2016年にかけて放映され、シーズン7まで続く大ヒットとなった「the good wife」(邦題:グッド・ワイフ)のスピンオフドラマで、昨年公開されたものです。

(CBSのHPより画像をお借りしました。)

弁護士事務所の代表を務めるほどのベテラン弁護士から、司法試験に合格したばかりの新人弁護士まで、様々な女性弁護士がキメキメのファッション&セリフで活躍する姿が、とても刺激的。

弁が立つとはこういうことか、と思わせてくれるセリフばかりです。

 

このドラマのSeason1 第4話は、大変興味深いテーマでした。

「Henceforth Known as Property」、日本語では「財産」というタイトルがついたエピソードなのですが、受精卵の所有権を巡り、卵子提供者(ドナー)と不妊治療中の夫婦が法廷で争います。

ドナーは若い頃に12個の卵子を2万ドルで提供しました。

その際、被提供者が5年以内に妊娠を完了しなかった場合、卵子は財産と見なされ被提供者ではなくドナーに所有権が戻るという解除条項の付いた契約を結びました。

その後、ドナーは卵巣がんに罹りました。病気は克服しましたが、治療によって自身の卵子を使用することができなくなってしまいました。

提供から8年経った今、ドナーは子どもを望み、提供した卵子がもし残っていたらそれを使って妊娠したいと考えたのです。

しかし、卵子を凍結保存していた病院が2年前に経営難で閉鎖され、彼女の卵子は他の病院へと勝手に譲渡され、11個が受精後に廃棄、1個が他の夫婦によって購入されていたのです。


(培養中の受精卵の写真。受精卵は、女性の身体に戻す前の段階で既に生きている。)

 

この夫婦の女性側には、リー症候群(ミトコンドリア病とも呼ばれる)という遺伝性疾患のマーカーがありました。

自身の卵子で妊娠するとこの難病が遺伝し、流産したり、生まれた子供が長く生きられなかったりする可能性が高くなります。

しかし、最新技術であるミトコンドリア置換法を用いることで、疾患の遺伝を回避できる可能性が出てきました。

夫婦の受精卵と、ドナーの卵子と夫の精子を受精させてつくった受精卵の2つを用意し、後者から核を取り除き、前者の核を注入することにより、遺伝性疾患を取り除いた受精卵を作成します。

ミトコンドリア置換法は、3人の人間の遺伝子によって1個の“正常”な受精卵を作る試みなのです。

 

この手法は、ドラマが放映された2017年時点ではアメリカでは承認されておらず、2015年から承認されているイギリスにて翌週に移植するというストーリーが展開されていました。

実際に、この手法によってメキシコやイギリスで子どもが生まれており、国境を越えて治療を行う患者・医師も多いようです。

しかし、疾患が完全に取り除けるかどうかはまだ不透明であり、また生まれる子供の遺伝子の改変を行うことについての意見も分かれています。

日本にも1,000人以上の患者さんがおりますが、現状ミトコンドリア置換法を取り締まる法律・ルールはないため、今後遠くないタイミングでこの手法の是非が議論に上がってくるのではないかと思います。

 

ドナーは、自身の卵子が例えこの「見知らぬ男性」の精子との間で受精したものであっても取り戻したいと考え、裁判を起こしました。

遺伝上の父親が誰であってもよいから、自分の卵子を使って妊娠を試みたいと。そして、生まれた子を自分の手で育てたいと主張しました。

これはアメリカらしい主張かもしれません。シングルの女性が、精子バンクのドナー精子を使って妊娠し、シングルマザーとして子どもを産み、育てていくことが一定程度普及している国です。

日本であれば、いくら自分と血が繋がっていても、知らない人との間の子どもを産むというのは抵抗のある方が多いでしょう。

 

一方で、購入した夫婦は、ドナーと病院との間での契約など知らずに卵子を購入しました。

アメリカの財産法では、買主が善意の場合、所有権は買主に移ります。

よって、ドナーとこの夫との間の受精卵は、夫婦の所有物として認められました。

さて、ドナーは泣き寝入りするしかないのでしょうか・・・?

 

続きはぜひドラマをご覧ください。

the good wife, the good fight共にamazon primeで見放題です。

 

日本では精子・卵子提供がほとんど行われていませんので、提供精子・卵子の所有権をめぐりこのような争いが起きることも想定しにくいのですが、もっと重要なことに、こうして第三者を介して生まれた子どもたちにつき、誰が父親・母親なのかを規定する法律がありません。

他の先進国ではとっくに規定されており、子どもの人権にかかわる問題が日本では長年放置されているのです。

ミトコンドリア置換法以外にも様々な生殖医療技術が発展する中で、常に最優先されるべき「子供の人権」を守るための法律が規定されていないというのは、日本での生殖医療の発展を脅かす事実だと感じます。

 

<ご参考>

ミトコンドリア置換法については、クマムシ博士のブログでの説明が大変分かりやすかったです。

関連記事
カテゴリー: 思うところ, 業界ニュース パーマリンク