妊活レシピ

掲載日:2017/03

Vol. 1 ずぼらなエッグベネディクト

朝食では良質な炭水化物と脂質を摂りましょう!オランデーズソースを省いたエッグベネディクトは、忙しい朝にもあっという間に出来上がり。

■材料(1人分)

全粒粉イングリッシュマフィン
1個
スモークサーモン
4-5切れ
2個
アボカド
1/2個
きのこ(マッシュルーム、しめじなど)
少々
ハーブ(パクチー、パセリ、ベイビーリーフなど)
少々
バター、オリーブオイル、塩胡椒
適量
付け合わせのサラダ(トマト、ニンジン、サラダ用ほうれん草など)
適量

■作り方(所要時間:20分)

  1. アボカド1/2個を6切れ程度に薄く切る。
  2. 全粒粉イングリッシュマフィンを半分にカットしてトーストする。
  3. ポーチドエッグをつくる。
    1. 深めのお鍋に1Lのお湯を沸かす。ボコボコで沸騰したお湯でなく、シャンパンのような細かい泡が上がる程度の温度が良い。
    2. 酢を大さじ2杯程度足す。白身がキュッと固まる。
    3. 卵を入れる直前に水をかき回して”渦“をつくってあげる。遠心力で白身が真ん中に寄って、ぽっこり卵ができる。
    4. お茶碗に卵を割り入れ、渦の真ん中に1個ずつそっと落とす。
    5. 2-3分茹でてトロトロの黄身のポーチドエッグに。できれば穴あきのお玉で掬い、ペーパータオル上で水を切って、出来上がり。
  4. フライパンでオリーブオイルを熱して、きのこを炒める。よく炒めたら塩胡椒。
  5. トーストが出来たら、バターを塗る。炒めたきのこ、カットしたアボカド、スモークサーモン、ポーチドエッグを乗せ、ハーブを飾り塩胡椒を振る。付け合わせのサラダを盛る。

■妊娠しやすい食生活のポイント

  • 精製度の低い炭水化物でホルモンバランスを整え、排卵しやすい状態を作る

    →全粒粉イングリッシュマフィン

  • 不飽和脂肪酸と組み合わせることで、炭水化物の消化をよりいっそう遅らせる

    →オリーブオイル、アボカド、スモークサーモン

  • トランス脂肪酸を避け、不飽和脂肪酸、特にオメガ3脂肪酸を多く摂り、妊娠の可能性を高める

    →オリーブオイル、アボカド、スモークサーモン

  • タンパク質は動物性のみならず植物性のものからも摂り、排卵障害が原因の不妊症のリスクを回避する

    →卵に加えて付け合わせの野菜

  • さらに、Coelの工夫:ビタミンDを摂取し、女性は卵子の数の減少を妨げ、男性は精子の運動能力を高める

    →きのこ

トップへ戻る